読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

tecchan’s blog

PS4 PSvita 洋楽 音楽管理 映画 について書きます

近年FFミュージック担当の水田直志さん

ぱっと FFのミュージック担当がわかりやすくなるように

アルバム・シングルジャケットをキャプチャーしました。

以下 近年 水田直志さんです。

f:id:tecchan_1993:20160303223412p:plain

f:id:tecchan_1993:20160303223419p:plain

f:id:tecchan_1993:20160303223425p:plain

 

こんな経歴の方。

f:id:tecchan_1993:20160303223551p:plain

そして13-2のサントラを購入してしまったのです!

 

 

]こんな感じで男前 水田おじ お兄さんが 丁寧に解説をツイッター(無料)でたくさん呟いて音源もUPしています。

 

水田さんの魅力は

どのサウンドトラックも  

テクニックだけに浮つかず... 重厚感が出て 更にくどくならない包容力や軽快さと様々なアプローチをかけた完成度の高い曲が多い事。

 

これが全て成立しているのはとても珍しい

 

水田直志さんのサウンドのはまる理由

 

現実味がなく浮遊感ある

しかし

きちんと過去の成り立ちを大事にしていて

いにしえ 最古 という雰囲気を醸し出しながら

シンセ フルート?+最新デジ打ち?

多種多様な音を鳴らして 

 

こういうスタイルは ちぐはくで耳が疲れてしまい避けるのですが

 

規則正しく 音に無駄がなく 軽快に流れてくるのですよね・・・。

 

また人と人との間の感動を狙わず

何もない所でも 幻想的にBGMが流れ

過去と現在が繋がっているという 個人×個人の美化でない

ストーリや それらしいメロディーは 逆に共感を覚えます。

 

というのは だれだれが この子と時空を超えなければ会えない

とかそういうのを期待しているのではなく

 

何かの拍子で一歩間違えば 今のような生活が果たして人間送れているのか。

○○英雄 ○○主人公万歳

などではなく

 

天体的な数値 人類の団結 全体的な機能が たまたま 上手くいった おかげで

私たちは 様々な欲求を満たせている 偶然さ

 という不思議な感動を覚えました。 

おおげさかもしれませんが 

曲の雰囲気を文章で表すならこんな感じです。

 

時空の水晶(水田直志さん)のサントラいいですよb

↓ここから連続で違う曲も続きます。

www.youtube.com

過去のもb

www.youtube.co