読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

tecchan’s blog

PS4 PSvita 洋楽 音楽管理 映画 について書きます

男性アイドル育成アプリ レビュー

f:id:tecchan_1993:20150914233901j:plain

f:id:tecchan_1993:20150914233848j:plain

路上で ファンを集め

なんとなく アイドル感覚で行く

主人公に

 

タップしていき ハートを集め ぱちぱちと

盛り上がりで  

 

貯まったおハートで  ハートを消費し 

 

ストーリー進行していくお話。

 

 

盛り込んでほしい要素があるとすれば

 

 

 

春夏秋冬、朝昼夜 天気ごとに 変化をつけ

 

ファンが去る時に 雨や 少し寂しさだったり

 

日常を取り入れ スマホにタップしていく側(プレイヤー)と

 

ともに過ごして 印象づく システムがあれば

 

伸び白があるのかなと 素人ながらに感じました。(DS で最後の砦ともいえる幅広い支持を獲得したポケモンHGリメイクみたいな)

 

少し 今の世の中とリンクさせて考えると

日常で

 

女の子は 化粧や ゲーム配信 カラオケなど

趣味を 色々高め 

全体的に 客寄せ(女性配信者の場合) のツールとして 使っている

場合が男より少し多く見える。

手段に過ぎないというような感じか。

 

そして  配信者の男の人は

動いてる ゲーム 映像 話に ばっか夢中になり

本気で楽しんで リスナーがコメントしていても

そればっかり夢中になっていき 置いてけぼりの場合がある。

 

 

女の子のほうが やはりネット男性から需要があって

リスナーとの距離感がとてもうまく 要領がよく見える。

 

しかし コンテンツに熱が入っている 男の人の配信者が

盛り上がりと 熱の入り具合と 不器用さがたまらなく可愛い事が多い。

 

話を戻して このゲームでは 

 

敢えて、そういうバランスが保ちづらい

不器用な男を 主人公にもっていくのは

 

作品として 女性アイドルコンテンツより 

映える部分もたくさんあるかと。

 

アイドルマスター(メンズサイド) や 男性アイドル方のゲーム アニメは 不器用さが見え隠れ

するシーンが多い事から

違う魅力がとてもある。

 

少年ハリウッドもそうだっけ。

 

ただ 少年ハリウッドみたいな

 

このアプリは 「あーめんどい」と 最初から冷め切っていて

でも なんだかんだいって きちんとこなす主人公なのかなと

計1時間半のプレイでそう感じた。

 

f:id:tecchan_1993:20150914233837j:plain

そして このセリフは 僕の大好きな

現在の大大スターの洋楽歌手の

今や世界を引っ張る

テイラースウィフトさんも言っていた。

 

上手く言ってる時も 

「悪いコメントや批判は本当はとても傷つく。

正直言って 気にならないって事はない。」

と言ったのを思い出した。

 

美人で背も高くて演技も上手い ビジネスもしっかり ファン思いでファンも裏切らず

パーティーや 浪費生活をしない 全て完璧な

 

テイラーさんの この発言は  すごくリアルで 印象に残っている。

 

そんな テイラーさんも ストリーミングから撤退して

強気に

新しいものにチャレンジして 素晴らしい作品を産み出してくれてる。

 

 

多分 国産アプリとはいえ  全世界で共通する ストーリーもちらほら

あってこのアプリは気に入っています。