tecchan’s blog

PS4 PSvita 洋楽 音楽管理 映画 について書きます

Spiral Memoria~私と出逢う夏~ 乙女スマホゲームレビュー

f:id:tecchan_1993:20150901170602j:plain

f:id:tecchan_1993:20150901170843j:plain

 

スマホゲームで 男の子キャラに 課金を700円ほど してしまった。(スマホ課金初)

私と出会う夏ということと 好きなキャラクターだけを選択できてるという

とても親切で特化した作りなっていて 壮介君が 一番ぴんときたので

壮介君ストーリーを一通り。

 

壮介君は クラスのそこそこ人気者で

 

 面倒見も良く 乱暴な事を言わず

常に前向き 計算が全くなくて 

 

女の子(主人公)との 距離感が 絶妙でした。

 

 

今時 乙女ゲームは お笑い(完全ギャグ) お色気  息遣いなど

かなり野性的に狙ったゲームが多い中

 

とても キャラも自然で まっすぐ青年なのに  全く嫌味がない

ストーリーに ぶれ が全くないという 

 

基本がクリア出来ている 今時の乙女コンテンツとしては 珍しい

貴重なゲーム。

 

少し残念な点は

綺麗に 短編小説ぐらいのボリュームで淀みなく進むので

わかりやすく起承転結がしっかりしていて

欠点がないですが 700円は少し高すぎなので300円~500円くらいが

ちょうどいいのではないかと感じました。

 

それぐらいあっさりしている。

 

だからといって こういった 爽やかなキャラに 安売り要素のない

ゲームなので ごちゃごちゃ ミニゲームや 追加コンテンツや

量も増やしづらい アプリでもあるのかなと。

 

よくよくみると キャラ達だけの質感は とても高グラフィックで

スマホ設定で 最大に明るく 最新のスマホで 

グラフィックが良い場合・液晶に拘ったものを持っている方は

 

思わず スクリーンをなでなでしたくなるかもしれないくらい

つるつる。

 

しかし背景はフリーゲームとかPS2くらいの出来なので

 

キャラをつるつるにして 大型化すれば 見栄えが良くなるのか

と デザイン的な意味でも勉強になりました。

 

 

それから 過激なシーンはないものの

ほのぼのと 今まで接した 登場人物が

最終的には  ED付近では   敵ではないものの

主人公の女の子を かなり突き放して 心の底から 良い存在とは思っていない( 深くまでは愛していない でも居てくれなくてはとても困る)

という状況があったのが何気に残酷。

 

しかし そこで 前向きの爽やかキャラな壮介君が

主人公の肩代わりで  全力で味方になってくれるので

 

ストーリー的には ここで しっかり リアルな要素を描くことで

しっかりとした土台が出来 共感を呼ぶ 崩せない要素になっている

のではないのかな。

 

そこで 二人とも一緒に 無事で幸せなのかは

 

やってみてからのお楽しみです。

 

 

 

f:id:tecchan_1993:20150901170824j:plain

f:id:tecchan_1993:20150901170712j:plain

 

f:id:tecchan_1993:20150901170641j:plain

 

f:id:tecchan_1993:20150901170630j:plain