tecchan’s blog

PS4 PSvita 洋楽 音楽管理 映画 について書きます

朝井リョウ 書籍型キャラメル

f:id:tecchan_1993:20150627173119j:plain

f:id:tecchan_1993:20150627173142j:plain

朝井リョウさん あまり知らなく 昔と比べて 本を購入 読む時間が激減していたので

 

この方の存在で 少し 読書の時間を作りたくなったかも

 

f:id:tecchan_1993:20150627174622p:plain特に「子供に逃げるという選択肢を与えたい」 っていう考えは この作品を読まなくても 頷いてしまうところはある。

 

親が子供に「 学校だけの世界って狭いよ。 それくらい大したことないよ

大人になったらもっと大変だし」

↑ こういう言葉を投げて  子供を暗闇に閉じ込めてしまう親はたくさんいる

 

いやいや 子供にとって一日の半分学校というか 

学校行かずに 自由なんて ほとんど出来なく

 

ネットビジネスにいけば 生意気な不健全な子供と 罵られ

 

→傾向としては 黙ってなんとなく 行けばすぐ過ぎるよ・・(親)

 

いやいや 勉強まじめにやって成績良くても 友達とか 

対人関係苦手だと

机に 座って宿題や 本を読んで 廊下を彷徨っても

精神的にかなりきつい世界だったり

 

結局その子供が まじめに努力をしても 精神的にうまくいかなかったり 壁にぶち当たった時に

本当に恐ろしく 子供にとってはどうしていいかわからず暗闇だもん。

 

もう親の世代とは明らかに流れが違く

(LINEだとか 子供の生活の割合が 学校の世界で埋まっている中 いくらなんでも

軽い発言かなと)

 

違った苦労が山ほどあって その逆で 親の世代の苦労も山ほどだったと思う

 

でもやはり他人で 自分とは異なる 体と心だから 

 

実体験はなく 「うんうんわかるかも」ぐらいで  実際に本当の理解はお互いには無いかと・・。

 

 

そして 感謝しなければ 「 親のおかげとか で 生活できていている

それくらい 我慢しなきゃ」

 

の流れや  

 

子供をブランド扱いなど 結局 自分たちが産みたく 習い事ばんばん 世間体だとか

流れで 産んで        子供の意思をかなり無視しているのを

自分の周りとかでは多く感じている

 

そして もっと酷いのは   仕方ないことかもしれないけど

親の方が スキルや 人生経験が長いので ほぼ子ども側の意見を 遮りまくって

自分の方が正しいを 押し通して 子供の発言を完全拒否。

 

 

もちろん 他人の感情を まともに 10個中 10 理解するのはかなり難しく

 

僕の中では そんな事 どんな人間だろうとほぼ不可能だと思っている 一生。

少し妥協や 交渉 会話 や経験 すこしの口論 行動

 

はじめて 譲りあいの精神や  細かい積み重ねで 信頼を獲得したり

 

親も子供の意見を 否定しすぎず 肯定しすぎず といったところなんでしょうか。

 

それと インターネットも発達というか  人生においての比率が高くなりすぎて

 

子供がゆーちゅー○ーだとか 大きなサイト作って 大活躍で

とてもすごい新体操(海外のダンサーマディちゃんの動画再生数全部で10億以上など)などの特技を披露などは

良い流れもありつつ、 

変な子も 出来上がってしまう可能性も高く

 

学校の世界で なかなか 満足出来ない

学校が面倒だから の逃げの手段ではなく

 

作業に没頭して これが本当に心から楽しく

そのために そこそこ私生活も頑張ろう

って取り組んでいる 動画つくりの 若い子が

増えれば   偏見も消えるんではないかな

 

 

 

 

物と選択肢に  溢れすぎて   正しくそれで子供が 笑顔でのびのびできるのか

とか

 

例のドローン事件の青年のような道へなってしまうのとか(この子はこの子なりの考えはあったと思ったり )

 

どれくらい自由を与えればいいのかとかも これといった正解がないのも 

 

途方に暮れる。

 

あと 結局は親の問題じゃなくて 「子供の努力と才能だけの問題」と都合よく片づけてしまう方 よくみるんですが

なるべく 最低限の環境は与えないと 人生の選択肢は狭くなるし その発言は通用しないかと。(家庭環境、収入 資料はかなり出ています)

 

それくらい親って影響力あるんです。

 

親が離婚繰り返したり  毎日口論だったりとか そんな環境で

 

物事 集中して 上手く行く子は かなり少数かと・・・。

 

 

 

それと同時に 親にたくさんもの与えて もらっている(パソコン 楽器 服 スマホ

子供も

なるべく 親のほんの少しの期待を 頭の隅に入れながら 半分娯楽で使って 残りは きちっとした正しい

形で使ってあげてください。

 

これ、かなり重要なことです。

 

たいていは 恵まれてものばっか 与えてもらったり 簡単に手に入って

もてあましていると

 

 

どこか勘違いしてしまって 幸福度も下がり おかしい方向へ行き

 

そこらへん 気づき始めると    娯楽も会話も勉強もスポーツだとか

どれかで のびのびできるのかなと

 

 親が身勝手→ 子供がストイック

 親が子供に色々手出すけ →全部遊びと悪い事ばかり使う子供

 

こういう構図が理不尽且つ 多めになっているのに 複雑な感情が。

 

ストイックな子供と 子供に色々手助けしている 親みると 

なんとかいい方向行ってほしいよってね。

 

すいません かなり酔っ払っていたかもしれません。

 

 

f:id:tecchan_1993:20150627174713p:plain